2008年02月04日

シュートボクシングでした

ファントム進也も金井健治もよかったけど
やっぱり大野崇!

パンフレットでは「大野には負けフラグを感じる」などと
ひどいこと言いましたけど
その上で勝ってくれたんで最高でした。
見事なシュートボクサーっぷりでした。

でも負けフラグという言葉がちょっと流行ると
うれしいです。

映画で「俺、この戦争終わったら結婚するんだ」と
言い出す脇役や、ホラー映画で
「こんな屋敷、もう一秒だっていられるか!」と
叫んで飛び出そうとする脇役などに対して
「死亡フラグが立ってる」と言いますが、
負けフラグは

・この一戦に勝てばチャンスがめぐってくる
・その一戦の相手が無名の外国人でデータがない
・負けこんでる選手が期待の新人を迎え撃つ

など「こんなこと言ったらかわいそうだけど負けそう」な
空気を感じる状況を指します。
指しますって言うか、こんな言葉に厳密な定義はないけど。
続きを読む


posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。