2009年02月27日

宣伝します(0902.ver06)

09022701.jpgイープラスのチケット情報ブログ“押忍”で
Hikaru選手&前村さき選手の
インタビューをやっています!
よろしくお願いします!
コチラです!!

前編後編ですよ。

これも女の子のおしゃべりを
聞いてまとめた という感じの文章ですね。

それでも全女の頃のこととか
格闘美の頃のことを聞くと
やっぱり彼女たちがプロレスラーの
しゃべり方になるんですよ。

ただ金本浩二選手とのことを
Hikaru選手が前村選手に告白したくだりとかは
完全に女の子同士の内緒話っぽいですね。

写真が使われてないんですこし残念です。

(自分にしては)上手く撮れてたので
自慢しようと思ったのになぁ。

なのでここに使ってみます。
09022702.jpg
posted by ささきぃ at 23:59| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

「薔薇のために」を読み直してみる

マンガ「薔薇のために」(作・吉村明美)は
高校時代に後輩からすすめられて読んでて
あらためて、なんとなく懐かしくなって
読み返してみました。

身よりがなくてブスな女の子が
美形だらけの兄弟と意地悪なお母さんのもとに
身を寄せて、血のつながらないお兄さんとの
恋が成就するまでのストーリー

と説明していいのでしょうか。まぁ、そういう話。

まぁ、少女マンガなので、限界があって
主人公のゆりは周囲や本人が言うほどブスじゃないです。

でもストーリーの根幹は

「それでも好き」
「それでも、自分は自分」

と、ゆりが言えるようになる過程であって、
そこが価値があるのだと思います。

そしてそれが周囲に対しても
人生に対しても
どれほど力があることなのか、という
証明のストーリーでもある し

スキンシップの大切さを
語った話でもあるのじゃないかなぁ。
登場人物たちがイキイキと言葉を語りはじめる過程には
抱き合ったりキスしたりという行為が
いかに心の安定を与えたかという背景もあるんじゃないかなぁ。

ラストは少し疑問なのですよ。
ゆりはダイエットせずに
自分を受け入れなきゃいけなかったんじゃないのかな
と。

でも生きていればこその努力という面から言えば
やらなきゃいけないことでもあったんですよね。
やせられないというのは怠惰ということでも
あったわけだから。

あぁ自分で書いて胸が痛いですよ。

生きてるんだからねぇ。
多少の努力はできるだろってねぇ。

はい。
がんばります。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

宣伝します(0902.ver05)

電脳サブカルマガジン「OG」で
中野腐女子シスターズの
インタビューをやっています!
よろしくお願いします!!

なーんか、いろんなことやってますよね
(※よく言われることを先に書いておきました)。
いやいや、まだまだこんなもんじゃありませんよ!

腐女子といえども女子。
ガールズトークの極みみたいな感じでした。
7人ですからね。

プロレスヲタクの浦えりかさんは
私がkamipro時代にやった
飯伏幸太のインタビューを読んでくださっていたので
うれしかったです。やっておくものですね。

浦えりかさん、先日のK-1 MAXで
自演乙と一緒に入場してきてたそうなんですが
ご挨拶できず残念でした。

真面目に、好きこそパワーの源ですよ。

愛されたがりな世の中ですけど
みんながみんな愛されたがってて
誰に愛される予定なんだと疑問に感じます。
好きでいるほうが楽しいと思う。

そんでもって皆さんかなり本物でした。

一緒に聞き手&構成をやってくださっている
村山さんとは、なんか脚本と演出みたいな関係です。
私がそう思っているだけかもしれませんが有り難いんですよ。

よろしくお願いします!!

「とらドラ」、買ってこなきゃ。
posted by ささきぃ at 23:59| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

前蹴り一発に人間性を見る

2.23はK-1 MAXでした。
山本優弥のことはTV中継を見直してから
あらためて書こうと思っていますがその前に。

オープニングファイトの
大渡博之の前蹴りがインパクトありすぎました。

我龍タイムでグローブあわせるとみせかけて
ガツンと相手の顔面打ち抜く前蹴り。
人としてやっていいことと悪いことがあります。

「サラリーマンの汚さを教えてやろうと思ってた」て
いくらなんでもそんなに汚い社会かと。
大渡の今後の営業活動が心配ですよ。

おもしろかったけど。
そしてこの試合を「毎大会、前座の恒例にしたい」と語る
谷川さんのセンスのすばらしさ。

あと、この試合もそうだけど
ヒジなしルールだとバッティングが気になるように
なってきましたねー。

頭を突き出してガード固めて前に出て相手の距離をつぶすのは
前に前に出てればアグレッシブに見えるがゆえに
女子キックでは特に多いんだけど
これやられると、とにかく試合がつまんない。
K-1ルールでつまんない試合は、ほぼどっちかがこれやってる
せいではないかと思う。
そろそろ打開する技術が出てこないかなぁ。

すごーーく低いレベルの技術論だと思うんですが
そこから聞いても怒らないような方がいたら
ぜひ取材させて欲しいです。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

宣伝します(0902ver.04)

090223.jpg絶賛発売中の「Fight&Life」vol.11にて
元SM女王・HIROKO選手の
インタビューを行っています!
よろしくお願いいたします!!

杉さんの写真がとてもかっこいいです。

なんといいますかね
女王様をやっていらした人ですし
どんな取材をしても基本、大丈夫なネタというか
持ちネタ的なエピソードが非常に豊富な方なんですけど

なんか、そうでないところが
この人の本質なんじゃないかって気がしたんですよね。

そういうの全部を受け止める人間力みたいなのが
この人の本質なんじゃないかなって。

だから、そう思って書きました。

とはいえ暗黒面というか彼女の業みたいな部分については
また場を改めてがっつり書きたいですねフフフ(予告か?)。

キック系の記事と女子格闘技の記事もしっかり。
てらかわさんのマンガもありますよ!

posted by ささきぃ at 23:59| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

西原理恵子の実力をあらためて

宣伝が続くと予告していながらも
いざ書く段になると、ちょっと気が引ける
中途半端な小心者です。

本屋にいってあれやこれやと欲しい本を購入したので
その感想をひとつふたつ。

よりみちパン!セのシリーズは
名作揃いというか、きっと編集する人も
読みたい本を作っているんだろうなと思わされるものが
とても多いのですが

西原理恵子「この世でいちばん大事な『カネ』の話」

すばらしかったです。

「まぁじゃんほうろうき」時代から続く
西原理恵子といえば、の「カネ」の話が、
旦那さんである鴨志田さんの存在や
世界の貧困の話と、まったくズレずにつながっていく。

「どんなときでも、働くこと、働き続けることが、
 生きる希望になる」

そんな美しい言葉と
「いい人」なことばっかり書いていると
悪い虫が動き出す、なんてぇことと
FXで一千万大損した話が、きれいに
西原理恵子という人間の中で消化されて
読者に向けての言葉であり説法として昇華されている。

いやはや。

すばらしかったです。

働くことの大切さを、あらためて。
posted by ささきぃ at 23:59| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

宣伝します(0902.ver.03)

シュートボクシング公式携帯サイトで
「SB観戦講座」という
コラムをはじめさせていただくことになりました。

橋本宗洋さんとの週替わりで更新です。
第1回は、2.11ですげぇバックドロップを見せた
歌川暁文について書いています。
よろしくお願いします!
サイトの案内はコチラ

宣伝続きですいません。
先に言っておきますが
まだ明日も続きます!!
posted by ささきぃ at 01:12| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

宣伝します(0902ver.02)

中高生部活マガジン「HERO INTERVIEW」で
女子キックボクサー・田嶋はる選手の
インタビュー後編が公開されています!
よろしくお願いします!!

藤原あらし選手のときもそうでしたけども
選手に、格闘技をはじめたきっかけのことや
学生時代のことをじっくり聞いてテキストにすることって
あまりないんで、おもしろい経験でした。

またやりたいです。
posted by ささきぃ at 23:59| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

「ピース オブ ケイク」最終巻

出てました出てました。
ジョージ朝倉「ピース オブ ケイク」最終巻

読みました。

……

雑誌で読んだときには、なんとか
己を納得させようと思っていたんですが……。

単行本で読み終えてみて、やっぱり。
やっぱりです。

こう終わらせるためには、終わるためには、
あと、もう1話か2話、足りなかったんじゃないか?
という気分です。
1話か2話なのか、1話か2話分の描写なのか。

大好きなんですよ、ジョージ朝倉さんのマンガ。
大好きで「ピース オブ ケイク」も、
どうしよう、どうしよう〜って感じで毎回楽しみに楽しみに
してきたんですが、
「間違いじゃない」って感じの終わり方ではあるんですが、
やっぱ、もう1話か2話、足りない!!
というか、私は足りないと思う!!

今のままでも面白いとは思うのだけど
ベストの敵は、ワーストではなくて
ベターである、みたいな、そんな言葉はありませんでしたか。
そういう感じ!

ヒゲ店があかりに会ってたあたりの描写なんか、
本当に胸が痛いんだけど、あかりの側の物語は?
それは外伝か何かで語られるのでしょうか?

ヒゲ店に対する揺り戻しも絶対にもっとあったはずだし
これまでのゆっくりゆっくりした描き方にくらべて
あまりにもそれが性急すぎやしないのかー。とかー。

団長からの告白にNOを返す場面は
回想じゃなくて、リアルタイムで描いてほしかった、とかー。

「少年少女ロマンス」の美しい絶望から希望への逆転に比べて
そこまでついていけずに終了してしまった感。

なんだろうなぁ、期待して見に行った試合が、
アッサリ1本で終わった時の感じと似てる。

そうするのは間違いじゃないんだけどさぁ という感じ。
もう少し、読者の感傷に付き合って欲しかった。

めんどうくせえ読者だな私。

マンガに限らず、誉めるときは手放しで誉めてるつもりなんですけど
それはとても奇跡なんだなぁ、と。
posted by ささきぃ at 23:59| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

AKB探索

仕事で秋葉原に行きました。
乾電池が10円で投げ売りされていたので
そういえば家のリモコンの電池切れてたなと
単3と単4電池を合計10個購入。100円。

しっかりしたエコバックに入れてくれて
「携帯クリーナーとキーボードクリーナーつけときます!」
とオマケをいただきました。

日本はいったい、どうなるのでしょう。

VAIOあらためて見たけど
やっぱ表面のテカテカ感があんまり、だなー……。
指紋がつくタイプの金属はあまり嬉しくないなぁぁ。
キーボードはすごくいい感じなのになぁぁ。
赤の表面がざらっとした質感だったら買ってたかなー……。

むしろあらためてポメラが欲しくなった。
あれはやっぱ、いいですよー。

あ、CDコンポ見るんだった。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ソフトに押されてハードを考える

ユニコーンのアルバム買おうかな
と思ったのですが、よくよく考えると
まだCDが壊れたままでした。

そろそろどうにかしないといけません。
というか
どうにかするタイミングかもしれません。

MDに落としてない曲も聴きたいしなぁ。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

料理の途中で鍋をあけて見るように

速報をやっていない時は
当然ながら他の仕事をしているのですが
発表されるのが先のことなのでまだお知らせできず
じりじりしているのですよ。
ここ最近は特に先に向けて悪だくみを
いやいや、煮物を仕込むように
材料を切ったり鍋に入れたりしている日々です。
そのうちちゃんとお知らせするから
ご飯でも炊いて待ってて下さいって感じです。

待ってなくてもいいです。
楽にしててください、楽に。

読んでくださる方への気持ちは
チョコじゃなくて今やってる仕事に宿っています。
甘くはないですが気が向いたときに受け取ってください。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

調布から後楽園へ

11日は「U-FILE 39」西調布アリーナから
シュートボクシング後楽園でした。
「U-FILE」の模様はスポナビブログ
田村潔司・中村大介の記事はスポナビで!

シュートボクシング後楽園すごかったです。
歌川・石川の再戦、また同じことになるのかなー
と思っていたらば、延長Rで歌川の豪快なバックドロップ!
最後の最後で決めの一撃が出せるかどうかって
すごい大事だし、出せたことで歌川は今後大きく
変わってくると思います。すげー。
セコンド大江慎もさすがに「オーケーオーケーオーケー。
すごいね」と感嘆していました。いや、素晴らしかったです。

メインのウェイ・シュウレイ、いい外人でしたー。
デカくてマッチョでぶんぶん振り回すパンチで前に。
ひとまわり宍戸より身体大きかった。
ああもうまたこんなカード組んじゃって と
余計な御世話な気持ちになったところで
やっぱり1R、最初にダウンを奪われた宍戸大樹。
しかしここから風車の理論が爆発。
スタミナ切れしたウェイから
みごとダウン奪い返して、最後はヒザ蹴り勝利! でした。

本人も大喜び観客も大喜び。劇的フィニッシュ。

でも、えなりと金井はかわいそうな結果になっちゃったな……。

シュートボクシング関連ではパンフレットの他に
近々また別のお仕事をさせていただくことになりそうです。
またおって。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

宣伝します(0902ver.01)

2.11シュートボクシング後楽園大会パンフレットで
大会の見所を語っています!
いつもの橋本宗洋さんとの対談形式です!
よろしくお願いします!!

見所多すぎて逆に苦戦しました。
笑いを取ろうと思って発した言葉を
意外と最後まで引っ張ってしまった対談でした。
詳細は読んでいただいてご確認ください。

石川剛司と歌川暁文の再戦、たのしみー。
佐藤ルミナ初参戦、どうなるー。
MIKUはこのままSBのベルト取っちゃうのかなー。

そして石川剛司の髪型はどこへ向かっているのか・・・・・・。
posted by ささきぃ at 23:59| 宣伝します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

実写版ではなく別物

実写版ドラゴンボールの予告編を見て衝撃を受けました。
スターウォーズみたいになってました。
なぜ、あんなことに。(オリコン動画はコチラ

というか、あそこまで変えるなら
なぜ、悟空の道衣だけ生かして使うのか。
というか、亀仙人……。

少なくとも♪さっがし出せ!ドラゴンボール!みたいな歌のイメージとか
オッス、オラ悟空!とかは言いそうにない感じでした。
設定とかあらすじ読んだだけで
原作読んでないだろ、と言いたくなるような映像でした。
あれが悟空じゃなくてトランクス役だったらまだ少しは……
いや、どうかな(己との折り合いをつけようと必死)

原作に対するリスペクトの大きさって難しいところだけど
あれくらいの大胆さがないといけないものなんですかね。

いや、どうだろう。
なんだか動揺と乾いた笑いがおさまりませんよ。

いまのところは残念な匂いしか感じないですけど
これが知らなかった新しいうまみの香りであることを
すこし祈っておきます。

毎日寒かったり暖かかったり微妙な季節です。
しかし風は冷たい。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ニンテンドーDSのCM

カメラになるんですねDSって。
野際陽子さんのCMを見ていて知りました。

ゲーム媒体でお仕事させていただいているのに
こんな発言は何ですが
(「4gamer」さんはともかく「OG」さんが
 本当にゲーム媒体と言えるのか、という論議は別にして)
あんまりゲームしないもので。
まだDS買っていないもので。
あぁ成歩堂くんに会いたい(※「逆転裁判」のキャラ)。

RPGは、ドラクエの6まではやっていたんですけど、
それ以降はいっさいやってません。
ファイナルファンタジーは多分1と4をやっただけのはず。

ストーリーは素晴らしいと思うんですけど
なんかゲームのペースで本を読まされているような
感じがイヤで、あんまりやりたくなくなりました。

「脳トレ」以降のゲーム業界は
ゲームというツールを一般に開放したような感じがします。
DSのカメラにしても
「これで勝手に楽しんでくださいってことなんだろうな」
と思ったのです。

格闘技業界が一般の会員さんに向けたジムを多数作ってたり
プロレスがアキバやら阿佐ヶ谷やらひと駅ひとつみたいな
いろんなプロモーションが出来たのも
そういう流れなのかなあと、考えたり。

従来の流れだけでは閉塞しているのでしょうかね。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

じつは中村一義も好き

いま仕事中よく聞いてるのは中村一義の「ERA」です。
これはなんか、時々思い出した時に飲む薬みたいな
感じのアルバム。
いつもよく効いてくれます。すばらしいです。
ていうかですね、これと「金字塔」しか聞いてないから、
あまり堂々と好きとか言うの、はばかられるんです。

でもねー。

「好き」って発信することに対するハードル、
どんどん低くしたい。
ちょっと好きなだけでも、どんどん好きって言って、
どんどんほめたほうがいいと思います。
私はそうします。
できるだけそうしてきましたが、今後もそうします。

「あれを見てなきゃ言う資格無い」とか
「最低限アルバム全部聞いてないとファンとして云々」みたいなこと
言われることや、言う人を見る機会や
そういう空気を感じる機会が多いんですけど、
もう、そういうの、いっさい無視することにします。
いかにバカバカしいことかがなんか最近わかってきました。

私はブログ見てない人からもぱっと感想言われたら嬉しいし
逆に他の仕事いっさい見てない通りすがりの人から
ぱっと感想言われても嬉しい。
もちろんkamipro時代から見てますと言われても嬉しいです。

何年見てても何を見ていても関係ない。対象に対して
いいこと言えるかどうか、いい仕事できるかどうかは関係ない。

このアルバムを聴いているとなんかそういう静かな闘争心がわいてきます。

MDのラベルを見ると、やけに丁寧に書いてあって、
自分なりにこのアルバムが好きなんだなぁとか思って、
だとしたらよけいにこういうこと書いたほうがいいなと感じたのです。

そんでもう自分もいい年の大人なんだから
CDを買い直そうと思うのです。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ジュエルスでした

ジュエルス旗揚げ第2戦でした。
うぅむ。

及川千尋は、私、彼女は
全然あんなものじゃないと思っているので、残念でした。

あの程度で「プロレスラーらしく前に出た」とか言ったら、
前に出るという言葉にも、及川千尋にも、プロレスラーにも
失礼だと思う。

だって師匠が石川雄規なんだし
石川vsランペイジ・ジャクソンからもう何年経ってるって話です。

私は及川千尋だったら勝てる
もしくはド派手に玉砕くらいしてくれる
大会MVPくらいは取れると思ってたんですよ。
私の頭が打たれすぎですか。

メイン、伊藤道場の小林華子強かったです。
すごかったす。打撃うまかった。
彼女と及川千尋を同じ「前に出る」って言葉じゃ語れないです。
がんばれ及川千尋ってことです。

腕相撲大会は……。私は、なれ合いのファンサービスみたいなのって
一番嫌いなんで、帰りたかったです。いたたまれないんです。
選手を安く使うみたいなの、嫌いなんです。
好みの問題です。すいません。
石岡沙織のチョコ投げはありですけど、
腕相撲大会は、私はダメでした。

どうせやるなら本気で因縁つくるくらいの真剣さで
やってほしかったです。

とはいえ大会が続くことが今は一番大事なので
あんまり厳しいことを書くのはよくないと思います。

石岡沙織、よく、ちゃんと倒して勝ったと思います。

石岡は、既存の誰か、じゃなくて、いまから
好きになっていく課程を作れるファイターだと思うんです。
彼女や、HIROKOや、SACHIたちを見ていくことは、
これから先の世界を彼女たちと一緒に見るということだと思います。

その先に彼女たちの道と
辻やしなしや藤井恵の道がクロスしていく部分が必ずあるのです。

その交差する部分と、そこに至る過程が
できるだけ切なく熱く面白いものであるように
そして確実に交差するように
自分が何をできるのかと
考えたりしているのです。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

「スターな男」の夢で逢えたらバージョン

時流に乗ってユニコーンのベストを聞いていたのですが
(これはMDに落としていました。昔の自分グッジョブ)
今更ながら「スターな男」はやっぱ
「夢で逢えたら」の
オープニングバージョンの歌詞のほうが好きだなー
という話です。

以下違う部分込みで。

「ようこそここへ 噂のロックンロール
今夜もきめる濡れ手に粟の素敵なお仕事
貸し切りジェットでツアーは続く 
ブロンド 赤毛 角刈り ドレッド よりどりみどり

夢ならこのまま冷めないで
今ならあの子も当然その気 たまにちゃんと電話入れて
夜が明けるまで おうちに帰らない
振り返るな振り返ると終わり この世はそんなもの

スポットライト 売るほどあびて
一晩中さ覚悟してろよ心の叫び
振り返るな振り返ると終わり この世はそんなもの
ようこそここへ 悲しきロックンロール
今夜もきめる濡れ手に粟の素敵なお仕事」

まぁ違うのは「夢ならこのまま冷めないで」
含む、3行部分だけなんですけど
ぜんぜん印象違う。
「夢ならこのまま冷めないで」部分の声がいいんです!
夜が明けるまでおうちに帰らないのと
夜が明けるころおうちで待ってるのとでは全然違う!
(※CDバージョンの歌詞はここで)

こだわると面倒くさい奴なので、カラオケもこっちの歌詞で
歌ったりします。

動画は※dailymotionにあがってました。
香港ロケでちゃんとストーリーになってるんですよね。
深夜番組とは思えないほどお金かかってるなー。

※記事を書いたときはyoutubeに動画があったのですが、
後に削除されていたようなのであらためて貼り直しました。
いま見ると他のOP映像もあって懐かしい!
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

料理の本

たくさん持っています。
そんなに料理やらないくせに。

マンガを読む感覚と同じで気分転換にすごくいいのです。

食べられそうもない素材が
切ったり火を通したりして
おいしいものに変わっていく様を見ていると

わたしもいい料理人になりたいと願うし
時には有能な鍋や包丁になりたいと思います。

料理本ってその課程が書かれているのでね。
おもしろい。

言い訳もこうして書くともっともらしいですね。
堂々と書くのがコツと言えばコツです。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする