2009年10月30日

無粋な感想

飯伏幸太vsヨシヒコ、自分にはちょっと面白がれませんでした。
ほめている方の感想をたくさん先に読んだせいかもしれないし、
結果を知った上で映像で見たせいかもしれない。

メカマミーvs鈴木みのるが自分にとって面白かったのは、
鈴木みのるが、こちらが思うことで成立させている
メカマミー=メカ の図式をあっさり壊しちゃう可能性が
あったからなんじゃないかと思う。

飯伏幸太はすごいと思う。
でもvsヨシヒコ戦は戦いじゃなくて、
なにか別物にしか見えなかった。
ヨシヒコが守られている世界、守られている試合にしか見えなかったです。
好みの問題なのでしょうか。
泰葉のプロレスデビュー戦を見たときの感想に近いです。
(和泉元彌は少し違う)

あの試合が好きだ、すごいと思う人には無粋な感想だと思うし、
知らない人がフラットに見たら、人形相手の試合に何言ってんだと思われるはず。
当たり前じゃねぇかの世界ですよね。
でも申し訳ない。
これまでタッグで出てきたヨシヒコの試合とかは、面白がって
見ていたんだけど、正直今回はついていけなかったです。
ついていけない自分を発見した。

普通の感想ですけど、
飯伏幸太vsHARASHIMA、飯伏幸太vsMIKAMIのほうが
自分には面白かったです。すいません。

もう一度書くけど飯伏幸太はすごいと思うし、
ここでvsヨシヒコを持ってきたDDTも、すごいと思う。
(細かいことだけど最後にヨシヒコの素顔見せたのは、
 すごくよくできてるなと思った)
ヨシヒコはDDTにとって大事な一員なのだなと感じたし、
それはヨシヒコだけじゃなくて、他の選手も皆、そうなのだろうし。

でもあの試合が出来たということは、
飯伏幸太はイノセントなプロレスバカではないということで、
それを明らかにしたということは、どうなのだろう。

こういうことが出来ちゃったのだとしたら、
どういうことになっていくんだろう、などと考えていたので、
だからのめり込めなかったのかな。

あと
大日本のロミオvsジュリエット、
負傷したことも含めて、いまの葛西純の志の高さは、
もう沼澤もついていけないレベルなんじゃないかと思いました。
葛西のその志が生かされることを祈るのみです。


posted by ささきぃ at 02:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。