2009年12月21日

今年もM−1堪能しました

毎年楽しみにしているM−1。
今年の優勝はパンクブーブー。
笑い飯大好きなので優勝してほしかったけど、
決勝のネタ見たら全然納得でした。
優勝に向けて努力してきた人が
ハードルの上を大きく越えていく様を見たような気分です。
よろしいものを見ました。

笑い飯の1回目の鳥人ネタは神懸かってました。
ありきたりな感想ですがホントに面白かったです。
最後にチンポジ連呼したことに対しては
いろんな意見あるでしょうけども、私はああいうことを
やった人を「勇者」とか言うのは、今回については、
非常にバカバカしいことだと思うし、
それはなんか笑い飯にも失礼な気がします。
もし本当にそういうことを狙ってやったなら、私はがっかりです。
ちがうと思いますし、そうであってくれたなら、
真相は別に知らなくていいです。
来年出て優勝して、そのあと知ることができたら、それはそれで。です。

笑い飯の2人は、M−1優勝できますようにって2人で初詣行ったりとか
結果発表のときも心ではずっと般若心経唱えてたとか言ってたし、
ホントに優勝したかっただろうし、したいだろうし。

松本人志の、NON STYLEへ「オードリーに負けた」発言とか、
「笑い飯は決勝のネタがない」とか、「M−1はいいソフト」とかは
やっぱ、うまいなーと思いました。
観客が思ってることを、うまいことすくい上げるよなー、と。

あと島田紳助の笑い飯に出した100点は、
笑い飯よかったねと思うのと同時に、島田紳助の自己プロデュース能力は
すごいなと感心しました。反発もあるだろうけど、
でもあそこでああいうことするのが、きたねぇなーと思うくらいうまずるい。

ハライチ想像してたよりずっと面白かったです。
若くてバカで可能性を感じさせます。よろしいです。また見たいです。
東京ダイナマイトは、ああいう場で
総合格闘技ネタやってくれて、私としては、
ありがとうございますと言いたい気持ちです。面白かったです。
リング上のマイクについては、確かに突っ込みたい時あるんです。

敗者復活戦は地上波のダイジェストをざ〜っと見ましたけど、
あんなにレベルにばらつきあるんですね。
準決勝もう一回やるべきじゃねって思った。
それじゃ準々決勝だけどさ。
U字工事のネタ全部見たかった。というか上がってきてほしかった。
オリラジちゃんと見たかった。

南海キャンディーズもハリセンボンも面白かったと思う。
ハリセンボンのはるかに対する、恋したらつまらなくなるという
上沼恵美子の意見は、はるかの場合相手がせきしろさんだから、
それは全然適用されないし、そんなくだらん意見で引っ張らないで欲しい。

せきしろさんのおもしろレベルはあんなもんじゃないし、
仮にはるかが自分との関係のつまらなくなったら、失望するタイプだと思う。

M−1は、おもしろ漫才がいっぺんに見られる上、
人間が本気になる場を見られて嬉しいです。
あぁ明日からまた仕事を頑張ります。頑張りますとも。


posted by ささきぃ at 02:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。