2013年06月04日

産後6ヶ月

6ヶ月がたちました。

6ヶ月の赤ん坊は、まだまだ言葉もしゃべれませんが
なんというか、もう立派な人間だなと思います。
当たり前のことかもしれませんが
不思議で理不尽な生き物だった
産まれて3ヶ月くらいの間のことを思うと、
人間の子どもだなとしみじみ感じる。

つい半年から3ヶ月前くらいのことなのですが
すごい昔のことのように感じます。
つらかったなぁ。(正直な気持ち)

人間の赤ちゃんは誕生から3ヶ月の間に
めざましく成長するのですが
本来、生物としては、その3ヶ月の間、まだ
お母さんのお腹の中にいるべき状態という説があります。

生後3ヶ月の、ときに笑い、よく眠る状態になってから
産まれてくるべきところを
早く産まれてきてしまっている、と。

たしかに、牛や馬の赤ちゃんが生まれてすぐに
立ち上がって歩き出すことを思うと
人間の赤ちゃんはとても未熟です。

どうして早く産まれてきてしまっているかというと
人間の赤ちゃんは立派な頭を持っていて
それ以上の成長を待っていると
頭が産道を抜け出すことができなくなるから、
9ヶ月で産まれてこざるをえない。

つまり人間の赤ちゃんはみんな早産の状態、
生後3ヶ月は生き物としても不安定な「胎児」なのである、と。
だから、お腹の中を恋しがって不安で泣き
じょじょに「人間の赤ちゃん」になっていくのだ、と。

なんの話をしているのだ、と思われるかもですが
それを知って「それならしょうがない」と
自分を納得させていたのでした。

それを知って、私もつらいが、息子もつらいだろう、
そりゃ不安定な状態で産まれてきたんだ、
それは、しょうがない、
そう思えました。

そして、多分それを見ている夫もつらい。

よしわかった。
つらくていいんだ。

納得すれば私はなんとか頑張れる。
そう思っていました。
それでも、しょっちゅうくじけていましたけど。

その頃に比べると、いまはすっかり人間の赤ちゃんだなぁ、
と思うのです。
首もぐらぐらしていませんし、よく笑いますし、
ミルクもぐびぐび飲みますし。

夜もだいぶ長く寝てくれるようになりました。
20時に寝て、朝の4時半頃に一度起きて、
もう一度7時前に起きる、みたいな感じです。

寝てくれるのが嬉しくて、夜ついつい家事をしたり
本を読んだりしてしまうんですけど、そうすると
朝の4時半に起こされたときに
あのときの自分、なぜ寝なかった、と、
己を責めることになる。

これまでになかったことでいうと
息子は先日、はじめて発熱しました。
突発性発疹という、赤ん坊の最初の通過儀礼
みたいなやつです。

こどもの病気は、きついです。
元気が一番、とあらためて痛感しました。
不機嫌になるのが突発性発疹のひとつの特徴
みたいなものなのですが、
それに付き合って、普段の息子の
いい子さ、を実感しました。親バカ発言。

わたし個人のマイブームで言うと
ドラマの「相棒」をいまさらながらに見ています。
再放送を録画して、できるだけファーストのやつから見ている。
寺脇康文さん、たしかSET隊という名前で
お笑いもやっていらしたと思います。
夕方にやっていた『LIVE笑ME』で一番最初に10週勝ち抜いたのが
SET隊で、その次が爆笑問題だったと記憶している。

その頃お笑い好きだったので(いまも好きですが)
なつかしい気持ちになりつつ、
これまた小劇場が好きだった頃の(これも、いまも好きです)役者さんが
多く出ていることになつかしい気持ちになっていました。
息子の昼寝の隙に、そんな楽しみも見つけたりしていました。

テレビを見つつ、仕事をする準備もしていまして、
いまは助走段階といったところです。
どうするのが正しいとか、わからないし
なにぶんはじめてのことなので
悩んで迷ってで、ご迷惑をおかけすることも
あるでしょうが、とにかくやってみる。
仕事先、預け先、息子を含めた家族、ぜんぶの存在と
協力があってのことで、
恵まれているのだ、と思います。
ありがたいです。

またそのうちに。
posted by ささきぃ at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。