2013年03月04日

産後3ヶ月

3ヶ月がたちました。
わたしも息子も元気です。

3ヶ月たってすぐくらいの頃、息子は突然
6時間半続けて寝てくれたことがあり、
ついに! ついに私に睡眠が戻ってきた! 神に感謝します!
と喜んでいたのですが、
現在、息子はまた3時間おきに起きています。
話が違う!

違うのですがそういう赤ちゃんもいるものですので
仕方がないのです。

きついといえばきついのですが慣れてきました。
たぶんどんなにきつい状況でも人は
「あ、そろそろ鬼が自分を炙りにくる時間だ!」などと
状況を理解し経験を重ねることで慣れていくはずです。
まぁ子供と鬼を一緒にしちゃいけません。
子供がいて夫がいて自分も元気、という
いまを「神に感謝」すべきなのです。それはわかっている。感謝もしている。

夜起こされるものの、寝入る時間がだいたい一定になってきています。
日中は午前中よく寝るときもあれば起きっぱなしの時もあり。
合間の時間を見て家事をしたり確定申告の作業をしたりしています。

子供が産まれると、その子への対応というだけじゃなく
その子のために必要なもの(おもちゃとか)が増えるのと
家事のサイクルも変わるので、それに慣れ、リズムを作ったりするのに
けっこう時間をとられている感じです。
具体的に言えば夫婦2人なら毎日洗濯しなくても良かったのが
赤ちゃんがいたら毎日とにかく洗濯が必要、とか
ミルクを作るためにダイニングのテーブル上にスペースを確保とか
定期的にお湯を沸かすとか、寝場所として長座布団を買うとか、
掃除機をかけるペースが増えたとか、そんな感じ。

大人の感覚からしたら、それも全部「赤ん坊が産まれて大変」に
入っていることなのですが、赤ん坊そのものに
かかわっているわけではないので、
赤ん坊本人はもっと俺にかまえと思っているかもしれない。
すまんね。

そんな中
体罰の問題、そして女子柔道代表に対するパワハラの問題が
報道されれば、そのことについて考えたりもしますし
テロの問題があれば、報道について考えたりもします。

知ってしまった以上考えはするのですが
残念なことに考えを深めたり文にまとめる時間がなく
またそれについて語る相手も今のところ夫ぐらいで
仕事で疲れている夫に納得するまで語り尽くすわけにも
いかないので(面倒くさい嫁なのです)、なんとなく
モヤっとした状態が続いていました。

グァムの事件はつらくて見てられなかったです。

ニュース番組そのものは見ておかないといけないかなぁ と
思っていたのですが、遺体を乗せた飛行機が到着したのを
ライブ中継している様を見て、どうもこれはおかしい、と感じ
ニュースを見るのも本当に最低限にしようかなと思っているところです。

知ってもらうことがお金に結びつく時代なのだから
知らずにいること、知ったことを上手に忘れる技術が
もっと知られるようになるといいな、と
ごにゃごにゃ考えたりしていますが
あんまり考えすぎると母乳の出が悪くなりそうなので今はやめます。

柔道の代表選手に対する体罰問題については
育児について感じることとあわせて(いまさら)文章にしたのですが
長くなったので後日アップします。

この3ヶ月ブログも
パソコンに向かって文章を打つ、という時間がなかなかとれずに
明日で4ヶ月になる、やばい!と思ってのあわてて更新でした。

そんな感じの日々です。
息子は足の上で寝ています。
せっかくの育児期間なんだから
ごちゃごちゃ考えずに育児してればいいのにね
...と、自分でも思います。

息子本人はよく泣きつつ、よく笑ってくれるようにもなってきて、
その笑顔を見るとえぇい、ちくしょうかわいいな、と、
つらいときもごまかされています。
体重も5キロを超え、産まれたときの倍以上になりました。
3ヶ月で自分の体重が倍になるって、どんな気分なんでしょう。
聞いてみたけどわかりませんでした。

ではまたそのうちに。
posted by ささきぃ at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする