2013年04月29日

産後5ヶ月

5ヶ月が過ぎています(進行形)。

息子は元気でなによりです。
加湿器との関係で言うと、ほこりカバーを外せるようになりました。
成長はすばらしいけどちょっと困る。
あと、加湿器に貼ってあるステッカーの赤ちゃんを
よく見ています。(この子)
好きなのかなぁ。

夜はまだ3時間おきに起きてます。
2日5時間が続いたかと思うと、また3時間、まさかの2時間、
今度は4時間、みたいな日々です。

まだ人見知りもせず、大変愛想がいいです。
とくに女の人に会うと嬉しそうです。

知らない人にも思い切りニコニコしてて、
あぁ機嫌よくて良かったなぁと思っていると
家に帰ってきて一心不乱におもちゃを揺らしていたりします。

大人だとよくあることですね。
外で人付き合いして、家では無言で趣味に没頭して自分を取り戻すみたいな。

赤ん坊でも、外で人に合わせてるとか
自分のなじみの世界に没頭したい みたいな感情が
あるものなのかしらねと考えさせられたりする。
そういう部分は私や夫に似たのかもしれない。

かと思うと家では大泣きしたりもする。
ため込むタイプなのかもしれない。
なぜ他人の前でその顔を見せないのか。
いつもおとなしくてニコニコのいい子だと外では思われているというのに。

いや、これは「私にだけ甘えてるんだわ・・・」という
ママメルヘンを発動して乗り切るべきだ。がんばれ私。

歯はまだないくせに痛いほど指を噛んできたり
不意打ちで組長ばりの頭突きをアゴに当ててきたり
なかなか手強くなってまいりました。

ささいなことですが、先日
息子が集中してメリー(ぶらさがっているおもちゃ)を
揺らして遊んでいたときがありました。

ひとり遊びしてくれているその横を
洗濯物を持って私が通りがかったところ
ふっと息子が私のほうを向いたのです。

なんかそのとき
「あぁ、私には家族が増えたんだな」と思いました。

しあわせとか、大きくなったなとか、
そういう言葉じゃなく、淡々と、
あぁ、夫以外にもう1人、この家には私の家族がいるんだな、と。
そう思ったのでした。

BCGを先日受けまして、その跡を見て、ああなつかしいなと。
はんこちゅうしゃ と 私たちは言っていた。
注射で大泣きしていた同級生の顔を、ふと思い出す。

子供を育てるということは、その年代、その年代ごとの自分の思い出に
もう一度出会えるということだ。
確か、中学のときの美術部の先生が言っていた言葉でした。
もっと有名な人も言っていた言葉だと思いますが、
思い出せません。
もの忘れと産後の抜け毛が激しい日々です。

そんな感じです。

首相の育休3年発言にはいろいろ感じることがありました。
それについて書こうと思っていたのですが、
正直ちょっと怒りもあるし意味をとりきれていない部分もあって
まとめきれてません。
書けたら、またおって。
書けなくても、またそのうちに。
posted by ささきぃ at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする