2013年09月28日

『あまちゃん』が終わってしまった

終わってしまいました『あまちゃん』。
最終回、泣いちゃうかなぁと思っていたんですけど、
さわやかなフィナーレを見た感じで
個人的にはむしろ、最終週のこれまでのほうが、涙腺への
刺激は強かったです。
まぁ夫や息子とみていたからと言うのもある。

北三陸編のハッピーな終わりから
東京編の現実が覆い被さってきて、それらを一気にカタつける空気、
そこからの震災編。
どれもお見事でした。

震災編は、大震災とそのあとをしっかりフィクションのドラマで、
しかもNHKの朝ドラっていう場で扱ったというのは
作り手として大変な冒険だったと思いますし、
日本のクリエーターとしての大きな一歩だったと思います。

東北に対する関東人の妙な遠慮とか、戸惑いとか、
鈴鹿さんがやってれば笑うけど、自分たちもああいう感じだったはず。
会長の「被災地だからな!」とか、
そういうの笑っていいんだ、と。

いっぱい笑わせてくれるドラマでしたけど、
私は、笑えるっていうことは、逆になかなかしんどいことだと
思っています。

つらいことや悲しいことがあったときに
それに浸りきって、泣ききってしまえるなら
それはそれで、たやすいことなのですけど、
どうしようもなく悲しい場面や
どうしようもなく絶望したい場面で、
「なぜここでそれが」というようなことが
おこったり、言われたりするのが
現実だったりします。

というか、そういうのが現実だと私は思っています。

身内が死にそうな時に、病院でふざけて騒ぐ子供がいたりとか、
会社が絶望的な時に、外で子供が運動会の練習してたりとか、
なんか、そういうことが起こったりするのが
現実じゃないのかな、と。

「笑ったら負け」ってよく言いますけど、
笑っちゃうと、ちくしょう、あぁもう少し生きていかなきゃいけない、
みたいに思うのです。

しんどいのに、絶望してしまえば楽になるのに、
しんどいけど、絶望したかったけど笑ってしまったから、
めんどうくさいことを背負って、
もう一歩二歩、歩かなきゃいけない。

受け取る人によってはそれは希望や救いであって、
そういうふうに考える私が根暗なのかなと思うんですけど、
でも、そういうものですよね。

お母さんが戻ってきた夜の、
アキちゃんの変顔メールで笑っちゃったユイちゃんとか。

『あまちゃん』ワールドの住人たちの、
笑って、背負って、さらけ出して生きている感じが、
好きでした。

でも、ただ笑いが入ってるだけじゃなくて
その笑いに対して真剣で
現実よりも笑いのクオリティが高いところが、
フィクションの、あまちゃんの優れているところであり
いい意味で、作り手も楽しんでるところが
伝わってきたから、こっちも楽しかった。

上に書いたような理由で、笑える分
私にとってはとてもリアルなドラマだったのですが、
現実に起きていること、起きてもおかしくないことを
盛り込んで居る分、作り手がなんとかフィクションに
しようとしている感じもしました。

若春子が現代に登場する場面とか、いらないんじゃね?と思うんですけど、
わざとフィクションにするための作り込みなのかなぁとか。

原発問題が出てこないのは、あれでよかったと思います。
自然の災害じゃなく、現実に進行中のとてつもなく大変な問題を
ドラマの中で扱わせてなにがしかのカタルシスを得ようとしては
いけなかったと思うし、それはフィクションではなく
現実で解決していかなきゃいけないことだし。

逆に、うれしいはずの場面で、なにかしら欠けている、
というのも、リアルですよね。
幸せいっぱい結婚式で、忠兵衛さんがいないとか。

どうでもいい点なのかもしれないけど
パッとしなかったGMTが、お金をかけたプロデュースで
売れっ子アイドルになってしまうとか、
お金をかけた分CDを売って回収しなきゃいけないとか、
そういうことを扱っていた点に、
もうそんなことをNHKの朝ドラで言って良い時代なのか、
と思わされました。
時代は進んでいますね。

最終回、ユイちゃん足速かったな。

フィクションフィクション書きましたけど、
北三陸市はきっとどこかにあって、
アキちゃんもユイちゃんも、他の皆も、
きっと元気にやっているのだと思います。
そう思えるドラマでした。

終わっちゃったなぁ『あまちゃん』。
せっかく息子もオープニングテーマが聞こえると
ニコニコするようになったのにな。

大きくなって、あの曲を聴いたら
覚えていてくれたりするのかな。
どうだろうなぁ。
posted by ささきぃ at 23:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする