2014年05月09日

好きなものができるたびに、親から離れていく(産後1年6ヶ月)

さて、全く間が空いていなかったかのように更新しますが、
最近は息子とだいぶ意志疎通ができるようになってきました。
たまに「こっちの言ってる事全部分かってるんじゃないのかな」
と思います。
息子本人は「こっち!」と「でゅ!」で、だいたいの事を
すませています。
たまに運がいいとママと呼んでくれます。

男の子の赤ちゃんがいると、
自然とアンパンマンが家に入り込んできます。
いや、アンパンマンは入ってこない。
アンパンマングッズが入って来る。

御祝いでいただいたアンパンマンのついた服に
はじまり、おもちゃも何となくアンパンマンのものを
与えてみたりしているうちに、テレビも見るようになった。
(一時保育先でも時々見ていたようです)

もう少し大きくなったらライダーやら戦隊ものやら
なのでしょうが、今はアンパンマン。

アンパンマンと「くるま」。
車輪のついたものにとにかく目がない。
公園に連れて行っても、外の道路を走った
ミキサー車に気を取られていたりします。
いいんだけどさ。

親としては息子が好きそうなもの、興味をひいて
いそうなものを見つけるのが嬉しいので
車の絵本を与えたり、アンパンマンの
絵本を読んでみたりする。
結果、さらに好きになる。

そうして好きになってくれると
車のおもちゃで独り遊びをしてくれたり
アンパンマンの絵本に食いついて、とりあえず
騒ぐのを止めてくれたりするので、親としては助かる。

そんなことをしているうちに

こうして、パパやママ以外に好きなものを
見つけていくんだな

なんてことを思いました。

赤子のときはとにかくママ、パパ、ですけど
そうして好きなものを見つけていくたびに
少しずつ親から離れていくんだなぁ、と。

いまは、なんでもいいから何かで遊んでてくれよ!
アンパンマンとEテレがなきゃご飯なんて作れないよ!
と思う立場の私ですが
いずれ、他の事に夢中になって親と過ごさなくなる
息子に対して、寂しく思うときが来るのかなぁと。

好きなものができるたびに、親から離れていく。

まだまだ、もうしばらくはかかるので、
できるだけ楽しみたいものですね。
たいへんだけど、かわいいので。

アンパンマンについては、
主題歌がよくできすぎていて、心が弱っているときに
歌っていると、うっかり泣いてしまいそうになります。

その話はまた、そのうちに。
posted by ささきぃ at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする