2016年11月18日

フラワーズ・その3

誰かが引退したりグループが解散したり
そういう、いわば弔辞みたいなときだけ何かを書く
というのがイヤでした。

もちろん亡くなった方に対しても。

いま現場に行けていないのに
昔こうでしたみたいな話をするのは
かっこ悪いというか
今でも影響持ちたがってる感は
非常に痛々しいと思っていたし

何より、本当に素晴らしい選手でしたみたいなことを
言うんだったら
現役のうちに言うべきだろと。
活動してるときに言うべきじゃないのかと。


 彼の遺骸をかざる花束は
 生前、彼が奮闘に疲れたる日の食卓に
 ただ一枝ずつでもほしかった

 彼の葬場にきく同情讃嘆の千言万語は
 生前、彼が世の無常と戦う苦悶の日に
 ただひと言ずつでもほしかった


という、後藤静香氏の言葉があって

もちろんそのことばの本意は
だからこそ今、伝えろというところに
あったのでしょうが

ほんとうにそのとおりだよなぁ
と思った私は
なんだか打ちのめされて
おろかにもあまり語らなくなっていました。

安易に書くべきじゃないのかなと。

その結果

自分自身も不自由だったし
失望させてしまった人もいるのだろうなと
感じています。

ただもうそういうのはやめよう
と、思います。

もちろん書けないこともあるけれど
好きなものを好きだとか
いいなと思ったこととか
すばらしいなと思ったことを
もっとたくさん。

棺に飾る花じゃなくて
食卓に花を贈るように書くことができればと
今さら。

年取ったけどそういうことは
きっとやりやすくなったかなぁと。

なにかの感想とか違和感とか
そういうことをあらためて
もっと書こうと思いました。

生きているうちに。
書けるうちに。


次からはもっとバカバカしく。


posted by ささきぃ at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。