2007年06月21日

「バブルへGO!」も見ました

行きの飛行機では「バブルでGO!」見てました。

広末涼子がかわいかったです。
本当にかわいかったです。

阿部寛が良かったです。
薬師丸ひろこもなかなかりりしかったです。

大事なところは以上です。

バブルのころは小学生か中学生でした。

だから別に懐かしさもそんなに。
曲の懐かしさは多少あった。

以下ネタバレになる感想を書きます。

「あの時代に何か残しておけば良かったな」
みたいな作り手?の思いを見ていて感じました。

あの「子ども」はその象徴じゃないかなって。

なんだかんだ言っても生んでおけば、
大きくなって一人前になるんだし。みたいな。
パーティで受け取ったお金とかも
結局現代で生きたりとか。

もっとあの時代をしっかり楽しんで
ああしておけば良かった、こうしておけば良かった、
というような、へんな心残りを勝手に感じてしまった。

それはバブルを経験した人の思いかもしれないけど、
そんなこと言ったってしょうがないじゃん、
という感想しか自分には持てなかった。

そういう多少突き放したようなこと書きたくなるのは
映画がのほうが、ラストで、観客を突き放してるんです。

あのラストを見たら

そんなこと言ったってしょうがないじゃん、
こっちはこっちで頑張って生きてるんだからさ。

と言う感想を持つのはしょうがないと思う。

それにしても広末はかわいかったです。
本当にかわいかったです。



posted by ささきぃ at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。