2007年06月29日

6.28 K-1 MAXにお邪魔してきました

武道館に行くのは久しぶりでした。
うっかり横浜アリーナに行くところでした。
あぶないあぶない。

大会結果は各種サイトをチェック。
いい大会でしたよ。

テレビ中継は見ていないので
あくまで私が会場で見ただけの印象ですが、
煽り映像の作りかたといい、カードといい、
「赤コーナー」の選手ありきの大会という感じがしました。意識してのことなのかどうなのか、
カードの中で「どっちが主役」ってのが
かなり明確に位置づけられた感じ。

もちろん選手はみんな主役なんだけど、
だれが見たって「勝って欲しい選手」が
どっちなのか、はっきりしてたんじゃないかな。と。

違うのはTATSUJI 対 アンディ・オロゴンと、
マイク・ザンビディス 対 ドラゴ、くらいじゃないかな。
この2つは、勝ったほうが主役だよ、というか、
勝たないとしばらくお休みだけど、しょうがないよね、
というカードですよね。

そういう意図に不快感を感じる人もいるかもしれませんが
私は全く間違いじゃないと思います。

ただ、赤コーナーに立ちたいのなら、
キャラクター確立のために
「いじめられっ子」にもされてしまうけど。
(佐藤嘉洋の煽り映像がそうだったです)

それがK-1 MAXの現状だし、
結果は、いい大会になったのだし、
そういうMAXであっても出たい、出続けたいのなら
実力でこじ開けるしかない。

青コーナー側の選手が構図をひっくり返せば
それもまたドラマになるのだし。

片方のキャラクターを強引にたてることで
相手が意外に引き立つ ということもあるし。
ブアカーオの相手は意外なほど強かったです。

ベストと帽子が最高にかわいいアルトゥール・キシェンコは
女性陣のハートをがっちりキャッチ。

前々日会見で「彼女はいますか?」と質問されたアルトゥールは
「います」と照れながらお返事。

「いないって言ったほうが日本で人気出ますよ」と
よけいなアドバイスをされたアルトゥールは困り顔で

「えぇ〜……。だって、彼女のこと愛してるし……」。

か、かわいすぎる……。

あとスロースターターのアンディ・サワーが
いきなり1RKOだったのでとてもビックリしました。

サワーが1Rから動く(失礼)ようになったら
これほど怖いこともない。

そしてコヒはすごいなぁ。

いったい何をやり出すのか
もう1秒も目が離せないよ。

特に試合直後の、背中に手を回しての
カーテンコールのジェントルマンみたいな一礼は200707020027000.jpg
私は幻を見ているのかと思ったよ。

母ちゃん含めてなにも変わらないで欲しい。


posted by ささきぃ at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。