2007年06月30日

イノキゲノム雑感〜「爆勝宣言」の意味

ひとつ大会を見ると
書きたいことはたくさんある。
なのでこちらでは印象に残ったことを。

世の中には、あんなにたくさん
「1、2、3、ダァー!!」を
やりたい人たちがいたんですね。

あんなに楽しそうに。

プロレスにあまり詳しくない人と話す機会が
最近多いんですが、
そういう人ってやっぱり「猪木」のことを話すんですよ。
こっちに気を遣うようなスタンスで。

アントニオ猪木ってブランドはやっぱりデカイなぁ、って。

そのブランドに惹きつけられてきた人たちが
プロレス見て面白いって思ってくれるなら
それはそれで、ありがたいことなんですけど、
……どうだったのかなぁ。

最後の「ダァー!」を
やってる選手とやってない選手がいましたね。


バトラーツ師弟対決は良かったです。
とても良かったです。

ついこないだ桂スタジオでやったカードが
今日は両国国技館で。という
その突然すぎる「値段の上がり方」。

アントニオ猪木の前で弟子に敗れた石川雄規っていうのも
マニアには味わい深いですね。

その味が分かるのが数人でもいいです。
たぶん石川雄規も数人でいいと思います。


小川直也が「爆勝宣言」で入ってきた瞬間は、
全身の血が逆流するかと思いました。

私は橋本真也へ思い入れが大きい人間だから
あのテーマを使っていい人間は
もう息子の大地くんしかいないと思ってたんだけど、
(それも1回きりですよね)
怒ってるのは、爆勝宣言の無駄使いってだけじゃなく、
そのどうしようもないセンスのなさ。

あの日使うべきテーマは
「ギャラクシー・エキスプレス」じゃないですか?

レフェリーの制止も聞かずオラオラオラーっていう
いわゆる暴走王ファイトをやるのなら
「爆勝宣言」を使うのは
おかしいんじゃないですか?

あの日の小川直也がやってたことって、
「過去にファンからウケたこと」を
全部もう1回やってただけですよね。

だったらオープンフィンガーグローブも
つけてくればよかったのに。
(他につけてる人もいなかったという意味でも)

そんな小川直也が、前述した
「『1、2、3、ダァー!!』をやりたい人たち」から
それなりな声援をあびているのが
ものすごく残念な光景でした。

それとも「小川直也vsマーク・コールマン」は
「日本vsアメリカ」だったんでしょうか?

ZERO-ONEの地方興行メインでやってた
「日本vsアメリカ」の図式にのっとって
「爆勝宣言」を背負って出て行っちゃったんでしょうか?

試合後コメントの「破壊王も一緒に闘う」って、
そういう意味?

……なんか、だとしたら
同情したい気にもなってきた……。


追伸・IGFは『OG』の取材陣として入れてもらいました。
試合後のコメントを聞いていたら、とある記者の人から
「最近の展開、全然わかんねぇんだけど」と話しかけられました。

私だって分からないです、と答えつつ会話していたら、その方が
「あのベルト、結局は盗品なんだろ?」と、
あまりにもズバリな発言をコメントルームでなさったので、
ちょっと慌てました。もう汗びっしょりですよ。


posted by ささきぃ at 01:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。