2008年02月11日

元ハセガワ亮が名前を取り戻した日

080211a.jpg今月、先月と「GONKAKU」を見ていたら
ライター(時々キックボクサー)の長谷川亮氏が書いたであろう文章が
「元ハセガワ亮」と表記されていたのが気になったのです。

あら、って感じ。

こっちから聞くほど知りたいわけでもなかったので
とりあえずそのままにしておきました。
ほら、なんか聞くと長そうだし。

そんなハセガワ亮氏が「長谷川」を取り戻す戦いが
小岩でひそやかに行われたのでした。
「やれんのか!新年会」。

元ハセガワ亮氏は、アラビア長谷川に破れて名前を失っていたそうです。
そうだったのか。
んで今日が再戦と。

読んでいる人もさほど興味はないと思うので結果だけ書くと
ハセガワ亮氏は判定で敗れながらも、ファイトを認められて
長谷川の名前を取り戻しました。おめでとう。

まぁ、リングのあるタイ料理の店でそんな新年会があったんですよ。

わたしが不思議なのは、
店一軒借りて新年会やるって、それだけで
けっこうな労力がかかることだと思うんですよ。
んでそういう場所で行われた試合だって試合は試合でしょうと。
それなりに時間と手間のかかることでしょうと。

それをわざわざ。

でも、わざわざと思うところが、逆に私が貧乏性なところなんだなぁ、
こういうバカバカしいことをわざわざやれる豊かさと、
そういう関係だから生まれてくる縁、みたいなのも、
あるんだろうなぁ、と思いました。

出来事を起こすって大切なことだから。

私って、やってること全部を役立てようと思って遊びや余裕がないなぁ、
なんて思ってみたり
それにしたって長谷川は(※呼び捨て)
けっこう「やればできる子」なんだから
もう少し何か大志を持って行動したらどうかね、
なんて余計なことを思ったり

あぁでも、

タイ料理食べて気づいたら思ったより飲んでて、
なぜか猫ひろしも見れて、
なんか、くだらなくて面白かったよ、ありがとう。
そんな夜でした。
2月に新年会に出たかいがあったというものですよ。
砂川君のリングアナぶりは妙に達者でした。

しかし「元ハセガワ亮」なんて名前を許す「GONKAKU」は自由だなぁ。


posted by ささきぃ at 23:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。