2008年02月20日

ずっと考えていました

ある事についてずっと考えていました。
もやもやしてがっかりしてしょうがなくて考えていました。

「笑い」というのはいつだってとても難しくて、
どこまでなら笑いになるか、どこから問題になるか、
その綱渡りのバランスがとても難しくて。

状況の判断、状況に対するアクションのさじ加減、
「やっていいことと悪いこと」を見抜いた上で、
どこまで自分ができるかを考え、やりぬくこと。
それは、とても厳しいことで。

それができた上で、常人にはできない高い高いところを
綱渡りしている人だと思っていました。
それが、そうじゃなかったということがショックで、
そのことでとても傷ついた人がいるということもショックで、
何を語っても無駄なような気がして、
ぼんやりしつつ料理ばかり作っていました。

こんなことを書くのも何ですけど私の作る料理はおいしいので。
おいしいものを食べていたら少し元気になりました。

おいしいものを提供すること。
そのために最大限の努力をすること。

状況は違えど、私のやっている仕事はそれに集約されます。
まぁ、だいたいの人の仕事は、そうだと思います。

ずっと食べていたおいしい料理が食べられなくなったら、
しかもそれが提供していた本人のせいで食べられなくなるのだとしたら、
それは、やっぱ残念というしかないでしょう。

アパッチを、冬木さんが亡くなる前から見ていました。
あの会場の空気が、好きでした。
アパッチの連帯感が好きでした。

金村キンタローさん。
残念です!


posted by ささきぃ at 03:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。