2008年02月23日

ほめブログ2008

◇ブログの女王=眞鍋かをり、で
新ブログの女王が某しょこたんだそうですが
「起きたことをおもしろく書く」という点に置いては
眞鍋のほうが全然レベルが上だと思います。

わたしはもともと眞鍋かをりのファンですけど
あの人は周囲から期待されてることを察知して
それを最大限に応える、ということが上手なのと同時に
その行為に誠実だなぁと思いました。


◇吉田豪さんの爆笑問題インタビューが読みたくて
ひさびさにクィックジャパンを買いました。

これまた私はもともと爆笑問題のファンです。
ていうか嫌いな人なんていまそんなに居ないとは思われます。
しかし、さすが爆笑問題で、さすが吉田豪でした。
あの2人がかっこいい&すごいと思ったのは
何度か仕事でほされたりしたたびに
実力で番組内で勝ち上がり、
ほいほいと上がってきてしまったところです。

目の前にある人を笑わせてきただけで
勝手に未来を開いてきてしまったところ。

「いざとなればまた、そうすりゃいい」
みたいな開き直りと自信が、あの2人をいつまでも
不安定にさせていると思います。
そんなところが好きです。

「イスに座っていてもギリギリまで倒すのが好き」
という、太田の言葉は、ひじょうにこの人らしいと思います。

そしてケタはずれに負けず嫌いで
小劇団的な閉じたものが嫌い、という部分はかなり納得でした。
太田光はまだ太田光に満足していないのだということが知れてよかった。

立川談志の言葉は愛がこもりすぎてました。

「立川談志はいま己のおかれている、発狂寸前の芸とのしがらみを、未来の太田に味併せてやりたいのだ。己の未練を全部こ奴に与え狂わせたいのである。これは立川談志の言葉というより、デイモンの声だ」(※抜粋です)

後継者とかそれ以上に認めていて、
自身が苦しんだ課題に太田がどう立ち向かうか見てみたいって。
それは本当に悪魔の声。
とても甘い。


クイックジャパンはあと、桜塚やっくんのインタビューが最高でした。
これはまた後日!

面白かったものをほめてるのって楽しいなぁ。
これからももっとほめてていいですか?


posted by ささきぃ at 03:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。