2012年01月12日

2度目のタカラヅカ観劇『オーシャンズ11』

2度目の宝塚は、星組公演『オーシャンズ11』。
もとの映画見ていないのですが
わかりやすくストレートなストーリー。

とはいえ、もう一回クライマックスで
ダニー・オーシャンたちがピンチになる場面が
あってもいいんじゃね? なんか
あまりにもすんなり行き過ぎじゃね? とか
ライナスのコンプレックスとその克服については
もう少しなんか見せてくれたほうがよくね? と
深く突っ込めば感じなくもないのですが
タカラヅカについてはとにかく
あれこれ考えないで見るようにしています。

華やかで舞台全体を使った見せ方が
おもしろかったです。

印象に残ったのは、娘役トップでテス役の夢咲ねねさん。
かわいい人だなとは思っていましたけども
舞台上のねね様(こう言いたくなる)は
まさに『ZUCCA ZUCA』の通りの
美しさでした。→このへん参照 (3まである)
あとダイアナ役の白華れみさんが迫力あったなー。

前回見た宙組の『クラシコ・イタリアーノ』は
しっとりした感じの話で、今回は
勢いあって楽しい舞台でした。

そして先日、その宙組の男役トップである
大空祐飛さんが退団を発表されました。
観に行ったばかりだったので、びっくりというか何というか
とまどいました。

お芝居の内容も「さよなら」感バリバリの
中身だったので、前回が宝塚初見でありながら
とまどいの後、しんみりです。
間に合って良かったなとも感じつつ。

宝塚は今後ものんびり
続けて見ていこう と思ってます。

観劇前、キャトルレーヴ(※宝塚グッズのお店)で
突然ブザーみたいな音が鳴って・・・
万引き対策のCD屋とかで鳴るアレかと思ったら
地震速報でした。

警戒しているつもりでも
忘れてたタイミングでした。
ここ数日、また地震増えてるみたいです。
みなさまもどうぞお気を付けて。
何も無くてアイツ心配性だなって言われるのが
一番いいです。

【おまけ追記】
『オーシャンズ11』のラストシーンで
ダニーがラスティーから手渡されたペンは
三菱のピュアモルト・ゲルインクボールペンの
ナチュラルブラウンだと思うよ!→詳細

おなじの持ってるからわかったよ!
spec_ph03.jpg
posted by ささきぃ at 22:46| 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

専門家に頼らない

昨日のブログで書いた

「プロレスや格闘技に限らず、肝心なことは全部専門家に頼りつつ、専門家であればあるほど損する時代なんだなぁとも思っています」

について書いてみます。

何か問題が起きるたびに
「専門家がきちっとやるべき」
「専門家同士でちゃんと話し合わないと」
みたいな形で話が終わるパターンを
ワイドショーやネット上の論争なんかでよく見て、

「そんなに都合よく専門家がいるものかなぁ」

と思ったことがきっかけです。

前に書いた精神科医の林公一さんの本
「それは、『うつ病』ではありません!」の中で
(その日のブログはコチラ

厳しい上司に叱責されたのがきっかけで悩み、
落ち込んでいる友達に対して
「繊細なあなたにとってはパワハラと同じ」
「うつ病かもしれないから、精神科を受診したほうがいいよ」
とアドバイスする友達の例に対して
触れられていたのですが

「悩みを解決するために相談に乗ってあげるのが友人じゃないか」

と、おっしゃっていたのです。

「外見上は正しい対応を促しているようですが、じつは
 友人としてのつとめを放棄して、医療に丸投げして
 いるのではないか。それもなんだか現代社会にマッチしている」

と続いていて、わぁ、よくそんな厳しいこと書くなぁ
とビクつきつつ、かっこいいなと思いつつで
さきに書いた自分の疑問「そんなに都合よく専門家がいるものかなぁ」
と、リンクしたのでした。

もちろん仕事としての責任は専門家であってもなくても
果たすべきだと思っていますし、そこを甘く見ようとか
考えるつもりはないですよ。

ただ何かあるとすぐ専門家の意見 で
そこに責任と安心を求めつつ、破綻があるとすぐ叩く。
その反面、専門家じゃない人は
「私は専門家じゃないから分からないけど・・・」って
前置きをしながら適当なことをさんざん言った上で
「専門家がきちっとやらないとダメ」と議論を投げる。

今はもう、専門家であることで受けるメリットより
デメリットのほうが大きくなっちゃってるんじゃないか。
あいまいな状態で「自分は専門家じゃない」としていたほうが
責任を求められずに楽なんじゃないか。

こんなんじゃちゃんとした専門家なんて
育ちようがないんじゃないの と思ったわけです。

かと思えば困ったときは「絆」ですしね。

林先生の本はこう続きます。

「人は、いろいろな義務を、専門家に丸投げするようになっている。
 親の介護、街の清潔、食の安全のチェック、電車内のマナーの注意、
 そして友人の悩み。
 専門家に任せるのがいちばん、という大義名分を掲げることで、
 自らが考え、動くことを放棄している。
 それともそれを『効率良く分業化された社会』と呼ぶのでしょうか。」

なんか困ったことが起きたときに
「専門家を育てないと」とか「専門家がやらないと」って
言うのは、とても便利で、前向きぽいので
私自身言いたくなるし
多分言ったこともあるのですが
その前に、それ専門家じゃないとほんとにダメなのか、
って問いただすことは、忘れないでいたいのです。

ほんとに専門家が必要だとしても
状況を把握して、どんな答えが欲しいのか、
なにが必要なのかの最短の道筋を考えるのは
素人でもできるし
そうするだけで改善することもたくさんあると思うのです。
posted by ささきぃ at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

「なんちゃって」が得をする

スポナビブログ更新しました。
「テレビ向け格闘技を考える」です。
ガチ相撲から続いている(ように見える)
芸能人対決もの番組ブームについて
考えてみました。
コチラですー。

ブログの中で触れているガチ相撲ツイートのときには

・マッスルやハッスル全盛期の頃、プロレスって看板を堂々と掲げているよりも「なんちゃってプロレス」のほうがいろいろ自由で元気だなぁと思っていたのを、ガチ相撲とそれに対する反応に感じます。

とも ツイートしてました。

ハッスルがめちゃくちゃ盛り上がっていた頃、
マッスルも毎回面白くて
さらに学生プロレスの取材に行ったりもしていたので

「プロレス」って言い切って「本物」を
見せなきゃいけない団体のほうが
いろいろしんどそうだなぁとぼんやり思っていました。

新日本プロレスさえも一時期「WRESTLE LAND」をやってましたよね
(あぁ久しぶりに「WRESTLE LAND」って言葉を思い出しましたよ)。

プロレスがその後どうなっていったか、
そして格闘技はどうなっていくのがいいのか。

その日は

・プロレスや格闘技に限らず、肝心なことは全部専門家に頼りつつ、専門家であればあるほど損する時代なんだなぁとも思っています。

という、ぼやきみたいなことを
こっそり漏らしていたのに、いま気づいたので
これについては明日書きます。
posted by ささきぃ at 21:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

アクセスアップのための文章

インターネットに配信されるニュースは
どうも見出しが先鋭的というか
過激なものになりがちです。

かつてオウム真理教の連日報道で
ワイドショーも新聞もこぞってどうかしていた時

「すべての新聞のスポーツ新聞化、
 すべてのスポーツ新聞の東スポ化、
 そして東スポだけが何も変わらず」

という名言を残した方がいらしたそうですが
その言葉はまさにいまの
ネット上の新聞の報道を表しているように思われます。

ネットの特徴は言うまでもなく
アクセス数がダイレクトに出ることで、
「数字が出る」っていうことに
とらわれてしまうと
あっというまに発信する側としてのモラルや
積み上げてきた権威とかぶっ壊れます。

そして、例えば権威ある新聞や媒体が
ネットでのサービスをはじめたとして、
そのシステム部分を受け持っているのは
若い会社であるということもよくあることですね。

システムの側からしたら数字が取れれば
広告も取れるわけで、
その立場からしてみれば、中にいいこと書いて有るか
なんてどうでもよくて、祭りであっても
数字が取れれば「いい記事」になります。

数字が取れる、反応がすごい
という言葉は非常にスイートな味がするでしょうが
それに載っかって自分が積み上げてきたものを
ぶちこわしてしまうのは
ちょっとリスク大きすぎるような気がします。

そこまでいかなくても
ネットの文章というのは
どうしてもそうした激しいものというか
見る側を煽る物
もしくはダラダラ全部流すもの の
どちらかになりがちで、
ほぼ全体において校正が甘いので
意識しないと日本語はどんどん崩れていくな
と思いました。

日本語全体の問題だけじゃなくて自分自身
意識せずに流されて、ツイッターだけやって
その場その場の反応だけして、結局自分が書いた文章
というのが(仕事でやったもの以外で)残っていないし
書いているのに文章力もついていない
なんていうのは嫌だなと思って
今年はこうしてマメな更新をしたり
しているわけです。

マメにツイッターやったって
基本そうとうなネタを投下しない限り
知っている人以外には届くことは
ありませんしね。

ギリギリながらもなんとか1週間続きました。

基本的に平日は毎日
土日祝はお休み
という、お役所仕事的な更新を
まずはめざしたいと思います。

posted by ささきぃ at 23:57| 考えたいテーマ&連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

ごく一部の方にすすめたい、クリエイターズダイアリー

今年の手帳の話です。
ここ2年ほど能率手帳の普及版(赤)を
使ってきたのですが
その間も、他にいいのないかな
と、探す気持ちは収まらず。

買ってみて他の用途に使ったり
やっぱり向いていないなとやめてみたりして、
無駄使いをしたなと後悔したり
なるほどと発見したりしてきたのですが

その中でこれは
ごく一部の方に大声でおすすめしたい
と思ったのが

DSC00344.JPG

クリエイターズダイアリーです。


「ディーブロス 2012 クリエイターズダイアリー」
VISIONS COAX

「ディーブロス クリエイターズダイアリー」good design market kok

詳細は上のリンクを見て頂きたいのですが
(どちらもそれぞれに詳しいです)

手帳といっても片側綴じではなくて
ジャバラに折られた1枚の紙で出来ていて
めくると

DSC00349.JPG

ばらっとスケジュールを見通せるようになっているわけです。

超整理手帳の形に似ているんですが
あれは全体が4分割&タテに1週間が並んでいるのに対して
これは横軸が日付で統一されている。

そして1日の欄が縦に長く
下に目を移すと

DSC00350.JPG

関わっているプロジェクトの流れを
書き込めるようになっている。

手帳だけだと把握しきれない
このへんの日付までに仕事ここまでやっとかないと
ヤバイ とか
こっちの仕事の内容自分なりに詰めといたほうがいいな
とかが、全体を見て
把握できるようになるわけですね。

あと、自分以外の人のスケジュールを
把握しておかなきゃいけない人には
すごくおすすめの手帳だと思います。

例えば家族の予定を把握しておきたいとか
自分以外の複数の人とお店をやっているとかですね。

こりゃいいぜと早速注文して
昨年末からトライしてみたところ、
私個人はどうも手帳を「持って書く」くせがあると気づきました。

そうするとジャバラであるというこの手帳の
特性上、手元が不安定になりがちで
書きづらく感じます。

「置いて書く」なら、
そして上のような仕事の環境にある人なら
これ以上ない手帳だと思います。

あと、ダイエットをしている人なら
体重とその日の食事とかを記入したり
グラフを書いてしまうなんていうのも
いいような気がします。

クリエイターズダイアリーという名の通り
紙のサイズが載っていたりして
なにげに親切です。

DSC00346.JPG

posted by ささきぃ at 23:49| 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

口コミが凶器になる時代

食べログのやらせ問題について、
夕方のニュースでも取り上げられてました。

ツイッターをやるくらい
ネットをかじっている人だったら
べつに驚きはしないニュースじゃないかと思います。

でもやらせ業者が39社ってのは
びっくりしたね。多いね。

口コミの声って重要なのは確かで
わたしも新しい電化製品を買うときとかは
価格.comを見たりしますし
アマゾンのレビューも読みます。
あと@コスメ(化粧品)も見ますね。

でも、口コミ自体が
上記のサイトのように
商売のツールとして成り立つほど
大きくなりすぎると
口コミを書く側も
まるで武器を持っているかのような
感覚に陥ってしまう危険が
あるようです。

言葉や意見が商売になるという言い方をすれば
口コミも上記のようなサイトをマスメディアとして
使ったマスコミだし、広告の一部でもあって、
そもそも意見としてわざわざ書かれているものは
なんらかの方向に読んだ側を誘導しようとしている
ものだと考えて間違いはない。

さらにそれが掲載され続けているわけですから
伝える側(サイト側)のなんらかの意図が
必ずかかっている。

だから信用しない、というより
その程度のものだと思って利用する
というつもりでいるのがいいのかなと思います。

ごく最近のことですが
冬場、お手入れをサボっていたために
お肌が急激に荒れたので、
ネットでしか売っていない化粧品が気になって
さくっと名前を入れて検索してみたところ、

google検索結果の30件目くらいまで、
@コスメ等の口コミサイト、本家サイトの他が
「個人で使って見た感想ブログ」で
埋まっていたことがありました。

全部、ブログの作り方はしっかりしているけど
文章はみょうに素人くさくて、
そのわりに写真うまいねみたいな、
よく対策してんなーと感心したけど、買うのはやめました。

もうしばらくやらせでもいいから
いい口コミをあげる、というような対策の仕方は
流行るかもしれないですけど、
今度はまた、名前のある人が
厳選して選んだ○○、的なガイドの存在が
求められるようになるんじゃないかな
と感じています。

商売のヒントとして言うなら
そういう時代のために今は準備するとき
でもあるんじゃないですかね。

ただ口コミの中でも
この人の言葉は信用してみたい
みたいな言葉が眠っているときが
たまにあるんですよね。

自分の名前を出さずに意見を言うってことが
心の叫びだった時代が
あったはずで、本来の口コミの力とは
きっとそういうところに
宿っていたんじゃないのかなぁ
と思います。

言葉の力というものを信じてみたくなる
瞬間でもあるのですが
それは私の甘さであり弱さ
なのかもしれません。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

このブログにたどりつくきっかけ

ブログの話を昨日したのでその関連で。

このブログ「日刊佐々木亜希(仮)」を
見て下さっている方の中には、
なにかしらの検索ワードでこられた方
というのも、けっこういらっしゃるようなのです。

中には、私がブログをやっていると
知らなかったけど、「雨宮まみ」さんのイベントに
ついて検索したら、私がブログを書いていた
と知ってビックリした というリアル知り合いの
方もいました。

検索ワードは
ときどき思い立ったように見てみるんですけど
毎日ほぼ必ずいらっしゃるのが
「神様に見捨てられた20日間」で
検索してこられる方です。

ひっでぇ漫画なんですけど
あまりにひどいので、読んだ人が憤りを感じて
検索し、たどりつかれるというケースのようです。
読んだ方が何かしらの満足を得てくださっていれば
いいのですが。
(その日のブログは→コチラ

漫画関連で言えば「尾崎南」さんでいらっしゃる方も必ず。
「ハチの子」とか「タクミとレイラ」とかも多い。
こちらは「NANA」ですね。わたしも知りたいですよ。
早く続き読みたいですね。その日のブログは→コチラ
(じっさいに「ハチの子」で検索したら
 ザザムシとか蜂の子とかも出てくるので要注意)

「殴るとストレス解消になる物」とかもいました。
そんな記事書いたっけか。
・・・クッションとかでいいんじゃないんですかね。
冬物の掛け布団を四つ折りにしたやつとかね。

文具では「能率手帳」と「メモローゼ」で
いらしてくださる方が多いみたいです。
今年の手帳について書いてないですね。書かないと。

たどりついてくださった方が
佐々木亜希というライターに興味を持ってもらえるといいな と
それはもちろん名前出している以上思っていますけど、
ほんのちょっとでも、プロレスや格闘技についての文も
読んで下さるとすごく嬉しいなぁとも思うんですね。

すぐにはたどりつかなくても
せめてまた次の機会に思い出してくれたりしたら
すてきだなぁと。

他のことでもね。

ほんとはもうちょっとジャンル区分けしたほうが
いいんでしょうね。
posted by ささきぃ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

seesaaブログにツイッターとfacebookのいいねボタンを埋める方法

昨日いろいろトライしてみて
結局とても簡単だったので一応方法を。

ツイッターやフェイスブックとの連動を
いろんなブログや記事で見かけるようになったので
どうやるのかなぁと思って方法を検索したところ
アドレスを作成して埋め込めばいい、と
出てきたので

最初はツイッターとフェイスブック両方から
アドレスを作成して埋め込んでみたりして
とても手間がかかっていたのですが、
seesaaブログの場合は

管理画面ログインから設定
ブログ設定の画面で
ブックマークにチェックを入れるだけでできました。

ちゃんとseesaaブログで検索したのですけども
その方法を書いて有るサイトは
ほとんどなかったので
常識なのかもしれませんが書き記しておきます。

posted by ささきぃ at 22:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

そう思うのはあなただけ(なのか?)

この10年でインターネットをやる人の数と
いうのは、すごい勢いで増えている というのは
もう当たり前のことなんでしょうけども
それについてまつわることを少し。

たとえば大きな大会があった後
ファンの人はどんなことを考えているのか
知りたいと考えた時、
数年前、多分2002年〜2005年くらいか、は
インターネットにあがっている意見というのが
ある程度参考になったのですが

最近はそれを以前と同じように
受け取っていてはいけないな
と感じています。

なにが違うかというと

以前なら
みんなが、いい試合だった いい試合だった
と言っている中で
「俺はそうでもなかった。○○なところが気になった」
という意見があったとしたら
なんとなく、そう思っている人は
その背後にそれなりの数、会場の数%はいるんだろうな
という実感があったのです。

これは多分
インターネットをやっている人が
プロレスや格闘技で言えば、お客さんのうちの
ほんの何割かに過ぎなくて
その何割かが、自分の意見を言葉に出来る人、また
ある程度(言い方に語弊がありますが)頭のいい人
だったから、じゃないかと思います。

でも最近は
「俺はそうでもなかった。○○なところが気になった」
という意見があったとしたら
思っているのは実はその人だけだった
というのが、実情になってきていないか?

と、感じ始めてきたのです。

それを感じだしたのは昨年の後半くらいから
でしょうか。

ツイッターで意見を募集
みたいなことをやっているプロモーションを
いろんなジャンルで見ましたが、
賛成にしても反対にしても、声をあげる人と
実際に参加している人の数が
あんまり変わらなかったりする様や

どうにもおかしいな という意見を見て
その騒動のなりゆきを見守っているうちに
どうもそんなことを言っているのは
ごくごく限られた人間だけだった という様を見て

あれれ

と思ってきたのがきっかけでした。

こういうこと思ってるのって、
この人だけなんじゃね? 

という疑問を持ったわけです。

それは残念なことだけど、以前ほど
ジャンルに対する集客が多くなくなってきてる
というのと
インターネットをやる、ということ
何かの事象に対して意見をネットで言うこと、に
対するハードルがおそろしく低くなったことの
両方があるのかなぁ と感じて居ます。

実際に観ている人の数が減少し
意見を言う人の数が多くなった
ということですかね。

と、書いていて
この感覚を感じることそのものが
古いのかな とも思い始めてきました。

私がインターネットをはじめたときは
掲示板のクリックひとつで
自分の意見が全世界が見る場所に載る
ということが非常に驚異でしたけども、
ツイッターで個人情報を書いちゃう
みたいな人たちの世代にとっては
見ている人の数=ほぼ友達
なんてことが、ごく当たり前になって
しまっているのかもしれません。

ネットで意見を発信できる人
というと、それこそ一昔前なら
ある程度書いている人のイメージが
特定できましたし、
ジャンルによっては下手をすれば誰が書いているかも
わかりそうなくらい世界も狭かったんですけども、
どうも今はそれが分かったとしてもあまり意味を持たないような、
そうした声を拾い上げてみたとしても
意見を聞いて欲しい人に耳を貸す、という
ごく当たり前のコミュニケーションが成り立ち
受け手の力が試されるだけで
そこから事象を読み解いたり次へ繋がるヒントを見つける
なんてことは期待できないのではないか、というようなことを

ぼんやり考えています。

じゃあどうやって事象を読み解いたり
次へ繋がるヒントを考えたりすればいいの
というと
もう必死で頭をひねって
トライ&エラーを繰り返して
コツコツ積み上げて行くしかない気がするんですよね。

数字を稼いで、有り体に言えば事件とか炎上とかで
一時的にヒーローになって知名度をあげる
そこの数字を利用して何かしらの仕事につなげる
という方法もあるでしょうが
私自身は、やっぱりそういう方法は
好きにはなれないだろうな、と思うからです。

posted by ささきぃ at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年元旦

あけましておめでとうございます。
ブログを読んで下さっている皆様にとって
幸多き1年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

昨年のことを振り返ろうとすると
どうしても地震とその被害のことを
考えてしまって、手が止まってしまいます。

それでも自分の仕事はやろう
書きたいことを書こう
そう思ってできる限りのことを
書いてきた1年でした。

ただなんだか不安定さが根本にあったためか
何してるんだかいまいち分かりづらい
バランスの悪い1年だったな と反省。

書くことに対して慎重になりすぎたかと思うと
書けなくならないようにと頑張って
ガシャガシャと書いてみたり
忙しくなってまた、ぱたりと止まってみたり
ブログの更新頻度から見ても
ムラのある1年でした。

力をかけるべきところ
そんなにかけなくてもいいところ
その判断はちゃんと出来ていたか? と
聞かれると、まったく自信がありません。

そういう自分に気付けたのが収穫だったかな
と、思います。

年末はいつのまにかやってきて
あっというまに去って行きました。

新年のさわやかさを感じてます。

2012年は、できることを続けます。

地味な目標になってしまいました。
とはいえ今年の大晦日には
今日よりも自分を誇らしく感じられるように
頑張ります。

今年もどうぞよろしく御願い致します。
posted by ささきぃ at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする